福岡の和白苑では、木工製品作成、縫製品作成、季節の野菜栽培、お米の精米、委託作業、アルミ缶リサイクル等様々な活動を行っています。

社会福祉法人 秀宝会 和白苑

092-605-5888
メールでのお問い合わせ

施設概要

基本理念

豊かな生活空間を作り、情緒の安定を目指す
一人ひとりについて、個性に応じた自己決定ができるよう支援する
障がい者が地域の中で普通に暮らしていけるよう自立への支援を行う

施設概要

規模
  • 敷地面積:279.85m²
  • 延床面積:522.92m²
  • 構造:鉄骨造3階建て
  • 設備:冷暖房完備・障がい者用トイレ・エレベーター(車イス用)
職員
  • 施設長・サービス管理責任者
  • 就労支援員・職業支援員・生活支援員
  • 医師・看護師(非常勤)
  • 事務員
年間行事
  • 遠足、運動会、プロ野球観戦、プール、バスハイク、七夕会、クリスマス、もちつき大会、節分、ひなまつり会、茶話会など
  • 外出訓練や防災訓練も実施
対象者
  • 満18歳以上の障がいをお持ちの方(主に知的障害をお持ちの方)
  • 施設、または送迎場所まで通所が可能な方
休日
  • 日曜・祝祭日・お盆・お正月
  • 土曜日は月のうち1〜3回開所

沿革

平成14年2月 社会福祉法人秀宝会 設立理事会(発起人)
平成14年9月 社会福祉法人秀宝会 設立認可
平成15年4月 知的障害者通所授産施設「和白苑」開設(定員30名)
平成18年2月 日本財団 福祉車両の助成により送迎車「トヨタノア」整備
平成18年3月 グループホーム「パティオ西戸崎」(定員5名)開設
平成18年6月 「パティオ西戸崎」(定員5名)新体系へ移行
平成21年3月 自立支援基盤整備事業(福岡県補助事業)を活用し、 パティオ西戸崎に自動火災報知装置・火災通報装置を整備
平成21年7月 生活介護(定員17名)・就労継続B型(定員17名)・就労移行支援(定員6名) 定員合計40名で新体系へ移行
名称を「障がい福祉サービス多機能型事業所和白苑」に変更
平成22年4月 空き店舗を法人で購入し、自立支援基盤整備事業(福岡県補助事業)を活用して建物の改修を行い(平成22年3月10日竣工)、手作りショップ 「和っしょい」オープン
平成23年2月 日本財団 福祉車両の助成により送迎車「日産キャラバン」整備
平成23年4月 社会福祉施設整備費等補助金・寄附金によりケアホーム 「和白ホーム」を建設し(平成23年3月11日竣工)、事業を開始(共同生活介護定員6名・短期入所定員1名)
平成23年12月 生活介護(定員19名)・就労継続B型(定員15名)の定員変更
平成24年2月 清水基金の助成金により木工用工作機械の整備
平成25年4月 和白苑開設10年
平成25年9月 和白苑開設10周年記念式典
平成26年2月 今林誠氏より和白苑所在の土地寄贈
平成27年3月 就労移行支援事業廃止
事業所紹介